アトピー&アレルギー

2012年06月14日

負荷試験2回目。

今日は、殿の2回目の負荷試験で、1泊2日の日程で
相模原病院に入院します。
なんと、今回は初めて一人宿泊を体験する予定。

P1250398

今回の対象は、「まぐろ」。
6ヶ月でアナフィラキシーを発症してしまった殿は、
それ以来魚そのものを口にした事がありません。
今回は、5歳にして初めて「身」を食べます。
殿よりも、私の方がどきどき。

P1250399

ぱく。
食べるときは抵抗無く食べています。

P1250400

1分も経たないうちに、殿が「かゆい〜!」と。
何事かと思ったら、ベロが痒いんだそうで。
担当の医師も「早いね!」とびっくり。
診察してもらいましたが、その他異変がないとのことで
負荷試験続行!

P1250402

その後も喉が痒い等々殿の訴えはありましたが
体制に問題なし、とのことで本日の終了目標
40gを完食いたしました。
最後は「まずい〜!」「食べなくない〜!!」と
半べそをかいておりましたが、お茶飲込み作戦で
頑張って食べておりました。
殿よりも、私が猛烈に感動しました。
ホント、子供って知らないうちに大きくなっているんだなぁ。
ちなみに40gは、ツナ缶1/2缶に相当するんだそうです。

P1250405

お昼ご飯を食べてプレイルームで遊んだり、
午後から合流したパパと一緒に絵を描いたり
パスルで遊んだりとした様子ですが
消灯時間20時でパパは退散。
しかも大部屋に殿一人。
長い夜になりそう…かな??

nakuwa at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月16日

相模原病院診察

今日は前回の入院後の定期診察で、相模原病院に来ています。
場所が遠いので、今回は私が会社のお休みをいただきました。
診察は15分くらい。
次回の入院と今後のスケジュールについて話してあっさり終了。

P1250361

神奈川くんだりまで来て、それで帰宅というのはつまらないので、
近くにあるお気に入りのアウトレットモールに寄って
ちょっと豪華な昼食。殿もレストランでのお食事です。

P1250363

レストランでキレイに盛りつけされているプレートを見ると、
やっぱりこれは贅沢だな、と思います。
アウトレットでいくつか洋服を購入して帰宅しました。

次回の入院は6月。
変更はきかないので、体調管理に気をつけなきゃね。

nakuwa at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年04月20日

初めての入院。

ad66118b.jpg今日は朝から殿の負荷試験で
国立相模原病院にいます。
負荷試験は午前中。
遅延性のアレルギーも確認する
ため、私たちのような遠方の
患者は一日入院となります。
初回と言う事で、
今回は個室を予約し、
相棒と二人でお泊り。
差額ベット代だけで日帰り旅行
行ける程プラスですが、

意外にナイーブな殿のために、初回位は目をつぶりましょう。

P1010811今回はかつおだし。
粉末削り節3gを120ccに
浸水しただしを10時から1時間
かけて5回に分けて飲みます。
はらはらする私たちを尻目に
一気飲みする殿。

…あっさり完食。症状なし。

P1010812あり?ってなほど
あっけなく解除でした。
こらこら、食べた後ブリッジ
してる場合じゃない!


これから一日おきに同じ濃度のかつおだしを
自宅で試していきます。
プリックテストと言う、アレルゲンを皮膚に垂らして
金属の棒で引っかき、皮膚の腫れをみる試験も行いました。
P1010820

サバ、イワシ、サケ、マグロ、カツオ以下9種類の魚を
試しましたが、見事に全滅。
皮膚が蚊にかかれたようにふくれ、炎症同士くっつくほど。
ポジコンの10倍以上膨れてました。
ちょっと写真ではわかりづらいかな。

かつおだしは解禁ですが、次は魚本体の予定。
アナフィラキシーを起こしてからは、
魚そのものを食べさせた事がないので、
病院下ではありつつもかなりチャレンジングな
負荷試験になります。
一時は魚食べたら死ぬかもしれない、とまで思いましたが、
小学校に上がるまでに新たなステップに向け、
親子で頑張ろうと思います。
しかし子供ってすごい。
病気と付き合いながら、殿の成長を目の当たりにし、
子供の無限の可能性に平伏さざるを得ません。

nakuwa at 16:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年03月19日

負荷試験実施に向けて

今日は連休の中日。
仕事の都合が付けば休みやすいという事で、
相棒と私とで会社をお休みして、
小児アレルギー医療の大御所でもある
国立相模原病院まで行ってきました。

この病院は小児アレルギー治療では全国的に有名で、
TVやネットで数限りなくお目にかかった病院ですが、
まさか自分たちが行く事になるとは思ってもいませんでした。

魚でのアナフィラキシー様症状を発症してから5年。
自宅での完全除去に加え、現在通っている認可保育園では、
市での対応が素晴らしく、魚だしを含む全ての魚において
殿専用の除去食を作っていただいておりましたが、
小学校では給食センターで一括で作る給食を食べるため
保育園同様の対応は望めません。

そこで、小学校に入学する前に少しでもリスクを減らしたいと
魚の負荷試験をしたいと思ってはいましたが、
今までの誤食の際の反応から総合的に判断すると、
自宅での負荷試験はかなりのリスクを伴います。
なんてったって魚を触ったかもしれないお塩を
ひとつまみシチューに入れて食べただけで、
こんなんでしたから。
今回、主治医に相談して入院で負荷試験が行える所を
紹介していただき、なんとそこが相模原病院だったのです。

生後から今までのアトピーや小児ぜんそくを含む病歴を
写真と共にピックアップして持参しましたが、
主治医の先生が紹介状にある程度記載していてくれたおかげで
あっさりと話が進み、入院日が決まりました。
ちなみに今回は、「魚だし」の除去にむけての一泊二日の
入院治療となる予定です。

「ひとりじゃヤダぁ〜〜」と半泣きの殿の為に
初回だけは個室を予約し、相棒との一泊二日入院の予定です。
ちなみに病院では一泊二日でも、使った日数分
差額ベット代がかかります。旅行一泊分だな…(泣)

nakuwa at 19:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年11月21日

喘息発作2回目。。

先々週、初めての喘息発作を起こした姫。
2週間かけて治療をし、ほぼ治療終盤となった金曜日夜。
鼻水が出てきていたので、風邪かな〜と思いました。
土曜日の朝、鼻水と空咳が少し出るようになりました。
なんとな〜く、母親特有の嫌な勘があったのですが、
まだ風邪症状にも至らず、そのまま治ると楽観視してました。

土曜日の夜、友人も来て賑やかになり、咳は強くなれども
元気いっぱい、食欲おう盛。このまま治るだろう、
と思っていた夜中。
発熱。そして咳が強くなり、あの特有のぜーぜー音が
聞こえるように。
横になると辛いらしく、日曜日の朝方は
咳のため度々起きて、最後は私が抱っこしてこたつで就寝。
さすがにこれはいかん、とかかりつけ医に頓服でもらった
ステロイド剤を投入しました。

さすが奥の手、喘鳴も落ち着いてきて、一安心。
かかりつけ医には、
『念のため発作時には吸入もしたほうが良い』
との指示を受けていたので、休日診療に行く事にしました。
続きを読む

nakuwa at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
いつ頃?
コメントありがとう。
お世話になった工務店さん。
(株)クオリス

株式会社 クオリス
施行エリア
越谷市、幸手市から1時間30分圏内
出産ルポ。
出産ルポバナー
(パスワード保護しています)